ホームダウンロードソフトウェアダウンロード&アップデートSSPRO4

ソフトウェアダウンロード&アップデート

アップデート

SSPRO4:SCADALINXpro HMI パッケージ アップデート

■プログラム、ライブラリ等および取扱説明書[Ver4.0 Rev50]

Rev50について

Rev50は、SCADALINXpro HMI パッケージ(Ver4.0 Rev50)に、TL2シリーズとの接続機能を実現するTL2Linx(V1.16)、機能拡張ライブラリであるメール送信ツールキッドを追加したものです。

※接続機能はSCADALINXpro(Rev35以上)が、下記のダウンロードファイルに含まれるフォルダ「TL2LinxV□□□」(□□□はレビジョン番号)に格納されたプログラム(TL2Linx)と連携することにより実現できます。

更新内容

SCADALINXpro HMIパッケージの本レビジョンにおいて、問題点の修正と機能追加を行っています。
●問題修正事項についてはこちらを参照ください。重要(必ずお読みください)
●機能追加事項についてはこちらを参照ください。
●TL2Linxの追加事項および修正事項についてはこちらを参照ください。
●メール送信ツールキッドについてはこちらを参照ください。

対象となるレビジョン


対象となるSCADALINXproのレビジョンは Rev 29 から49です。

<レビジョンの確認方法>
SCADALINXproのレビジョンは、サーバプログラムなどの画面において「ヘルプ」により確認できます。TL2Linxについては、起動後画面の上端に表示されています。

対処方法


「圧縮ファイル」を以下の手順でダウンロードし、プログラムなどを更新してください。

ダウンロード・解凍の方法

(1)

zip圧縮ファイルのダウンロードボタンを押して、ダウンロードを行ってください。

(2)

ダウンロードした scadalinxpro4050ファイルをダブルクリックしてください。
scadalinxpro4050.exe 
scadalinxpro_manual4050 フォルダ
scadalinxpro_sample4050 フォルダ(この下はscadalinxpro4フォルダ)
TL2LinxV116フォルダ
sendmail32フォルダ
が生成されます。


SCADALINXproプログラムのアップデートの方法

(1)

SCADALINXpro HMIパッケージが動作していないことを確認して、生成された exe ファイルをダブルクリックして実行します。
(Windows Vistaの場合は、管理者権限にて実行してください)

(2)

表示されたウィンドウで「解凍先フォルダ」が本パッケージのインストール先であることを確認して、「OK」をクリックします。
[アップデート完了後、前記レビジョン確認方法でレビジョンが新しくなっていることをご確認ください]

(3) メール送信ツールキッドをインストールします。
インストール方法についてはsendmail32フォルダ内のreadme.txtファイルを参照してください。
(4)

クライアントのランタイムをBrowser組み込みexe(セットアップ機能で生成したexeファイル)やVisual Basicなどに組み込んで実行(Activex組み込み)している場合、クライアントのランタイムを作成し直します。

サーバとクライアントを別々のPCで実行している場合、同じレビジョンに合わせる必要があります。

旧レビジョン(Rev33以前)からアップデートを行う際にはSCADALINXpro Serverの運用メニューのオプションに設定された内容を再設定する必要があります。

Windows Vistaにて「プログラム互換性アシスタント」画面が表示される場合があります。インストールは正常に行われていますので、「このプログラムは正しくインストールされました」をクリックし、画面を閉じてください 。


SCADALINXpro取扱説明書・ライブラリなどのアップデート方法
(1)

生成された2つのフォルダにて、旧レビジョンの取扱説明書(manualフォルダ)およびライブラリなど(scadalinxproフォルダ)を置き換えてください。


<TL2Linxプログラムのアップデートの方法>
(1)

TL2Linxの旧レビジョンがインストールされていれば、これをアンインストールします。

(2)

TL2LinxV□□□フォルダ内の「20_インストーラ」フォルダにあるSetup.exeを実行してインストールを行ってください。

アンインストールを行う場合は、TL2LinxアプリケーションがインストールされているTL2Linxフォルダ内のiniフォルダ(設定ファイルフォルダ)やdataフォルダ(データベースフォルダ)等を保存してから行ってください。

TL2Linx Ver1.12以前からVer1.13以降にアップデートする場合は、TL2LinxV□□□フォルダ内の「20_インストーラ」フォルダ内「Support」フォルダにある、TL2COM.dllとTL2Svr.exeをTL2COMライブラリがインストールされているフォルダにコピーしてください。
(例:C:¥MSYSTEM¥TL2COM)


<ご注意>
ダウンロードの際、製品シリアル番号が必要となります。購入したCDのシリアル番号を入力してください。

製品形式 SSPRO4
レビジョン Rev50
リリース日 2013/09/05
ファイル名 scadalinxpro4050.zip
ファイルサイズ 56.6 MB

zip圧縮形式
 
ダウンロード
キャンセル

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
ダウンロード
  • 製品紹介
  • 会社情報
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop