エム・システム技研カスタマセンター

0120-18-6321

または 06-6659-8200

当社の“省エネ活動”が第3者認証機関に認定されました

QUALITY NEWS
省エネ・CO2排出削減量証書
省エネ・CO2排出削減量証書

エム・システム技研では、自社製品の組合せ構築による電力監視システムを本社に設置し、省エネ活動に取り組んでいます。
その省エネ活動について、経済産業省資源エネルギー庁の委託先調査機関の審査を受けました。
審査の結果、省エネ推進への貢献と認められ、『省エネ・CO2排出削減量証書』を受領しました。

本社工場の玄関に設置された表示装置
本社工場の玄関に設置された表示装置
デマンド監視画面とリモートIO
デマンド監視画面とリモートIO

審査の背景は、資源エネルギー庁が民間企業を対象に省エネ推進事業を実施したことにあります。この省エネ推進事業は、京都議定書の目標達成をテーマに、民間企業から募った省エネプロジェクトの適格性審査を行い、審査の結果、妥当と認められれば『省エネ・CO2排出削減量証書』 を付与するものです。審査は、資源エネルギー庁から委託されている「株式会社あらたサステナビリティ(審査当時、株式会社みすずサステナビリティ研究所)」が実施します。
エム・システム技研では以下4つのプロジェクトを申請しました。

1.省エネタイプ空調機へのリニューアル
2.空調室外機の間欠制御
3.蛍光灯安定器のインバータ化
4.高輝度誘導灯への更新

1.については既に実施し、コストダウンを実現しています。2.~4.に関しては、実施検討の結果、設備投資に対する十分な効果が期待できないため、現在は実施を見送っています。
エム・システム技研の電力監視システムを導入したことによって、エネルギー削減効果を試算することができ、試算データは実施検討の判断材料として極めて有効でした。お客様各位の省エネ実現のためにも、エム・システム技研の電力監視システムを、ご活用いただければと願っております。

年間のエネルギー削減効果(予測)

省エネプロジェクト 削減電力量(kWh/年) CO2排出量換算(t-CO2/年)
(1)省エネタイプ空調機へのリニューアル 290,400 161.2
(2)空調室外機の間欠制御 143,189 79.5
(3)蛍光灯安定器のインバータ化 115,742 64.2
(4)高輝度誘導灯への更新 3,949 2.2

電気エネルギー(kWh)にCO2排出係数(0.000555)を乗じた値(t-CO2:温室効果ガスをCO21トン当たりに換算した量)