ホーム特殊仕様

特殊仕様

追加料金無料

追加料金無料

「特殊仕様品」を製作するための追加料金はいただきません。

特殊仕様の例

入力レンジの変更や応答速度の変更など、特殊仕様品の製作にかかる追加料金は原則として無料です。ただしパーツの追加・変更などで、新たに購入費用が発生する場合や特定作業費など、別途実費を請求させていただく場合があります。

いろいろな特殊仕様(ほんの一例です)
標準仕様ではレンジが合わない 電源電圧がちがう ボリュームを外付けにしたい
入力信号の範囲、出力信号の範囲を
既存コードにない範囲にしたい。
特殊なCVCF(無停電電源装置)に合わせた電源にしたい。
船舶用電源に合わせたい。
比率変換器のバイアスを調整するボリュームを制御パネル面に取付けたい。
 
特殊なセンサと組合せたい 応答速度を希望の値にして欲しい  
JIS規格にない特殊なセンサやサーミスタなどと組合せたい。 応答速度が速すぎるとノイズを拾ってしまうので、ちょうどいい値にしてほしい。  

技術検討もスピード回答

技術検討もスピード回答
15:00までにいただいたお問合せは翌日午前中までに回答します

15:00までにいただいたお問合せは翌日午前中に回答します。

お問合せいただいた特殊仕様は、設計部で製作可能かどうかの、技術検討を行う必要があります。
エム・システム技研では、できるだけ早くお客様にこの技術検討の回答をお伝えするため15:00までにいただいたお問合せは翌日午前中に回答します。

特殊仕様の標準化

特殊仕様の標準化
15:00までにいただいたお問合せは翌日午前中までに回答します

ご注文いただいた「特殊仕様」は順次、標準化を行います。

特殊仕様のご要求の多いものから順に標準品化作業を進めています。
ひとたび標準化となれば、ご注文の際に面倒な打合せや仕様確認の必要がなくなります。

ページトップに戻る

仕様書情報検索ヘルプ

お探しの機種をHTML形式で比較したり、下記の書類をPDFでダウンロードできます。仕様書・取扱説明書・外形図・仕様伺書・DXF

キーワード/形式から探す
カテゴリから探す

全ての製品

  • 形式の頭文字から探す
  • 現場から探す
  • 製品紹介
  • 会社情報
  • ダウンロード
サポート・お問合せ
  • よくあるご質問
  • ご注文に際して
  • メールでのお問合せ
  • お電話でのお問合せ エム・システム技研カスタマセンター 0120-18-6321 または06-6659-8200

Pagetop